大学受験

【大学受験】長い受験勉強でモチベーションを保ち続けるコツ

受験生活長すぎてモチベーション保てない…

受験生活ってとても長くて、最初から最後までモチベを保つのって難しいですよね。

最初だけやたらモチベが高かったり、逆に追い詰められるまでエンジンがかからなかったりと安定して勉強に身が入らないのはあるあるだと思います。

そこで今回の記事では実際に受験生活を通して感じたモチベーションの保ち方について書きます!

ネコ助
ネコ助
モチベ保つのって難しいよな。
ませう
ませう
ほんとに。
この記事では実際に僕がモチベを保つために使っていた方法を紹介したよ!

毎日「8割の力」で勉強する|ペース配分を制すものが大学受験を制す!

長い受験を乗り切る上で最も重要なのが、「毎日8割の力で勉強する」ことを意識することです。

受験はマラソンに例えられることが多いですが、まさにその通りで、常に全力で走り続けることは不可能です。

マラソン選手も42km先のゴールに向かって最速でゴールするために全力一歩手前の一定のペースで走り続けていますよね。

我々受験生も同じように、長い受験シーズンを走りぬくためには全力一歩手前のペースをキープすることが重要になります。

一番ダメなのが「がっつり勉強する日」と「全く勉強しない日」といったように勉強のリズムに大きなムラができてしまうことです。

そうなってしまうと「昨日は結構勉強したから今日はいいや」と勉強する日としない日が交互になり、やがては勉強する日の頻度がどんどん下がってしまいます。

ませう
ませう
マラソンでもずっとペースをキープしているときは結構いいタイムが出るけど、一度ペースを緩めたら全然ダメになったりしますよね?
それと同じですね!
ネコ助
ネコ助
逆に突発的に猛勉強しても燃え尽き症候群になるかもしれないしな。

ちょっと気分転換はアリ!良い息抜きと悪い息抜きを意識する。

受験勉強で疲れてくると「ちょっと休憩したいな。」「気分転換に出かけたい。」って気持ちになると思います。

よっぽど勉強が好きだったり忍耐力があったりしない限りそう思うのは当たり前のことですよね。

そんなときは迷わずに気分転換に出かけることをオススメします。

そんな状態で勉強を続けていても効率も悪くなるのは間違いないですし、長い受験生活でちょっと土曜の午前中に映画を見に行ったくらいでなんら影響はありません。

それよりも効率が悪い勉強をしてしまう方が長い目で見ると大損です。

ませう
ませう
受験生は囚人じゃないんだから(笑)
あんまり張りつめすぎずに、適度なメンタル管理が重要!

しかしここで注意しておきたいのが良い息抜きと悪い息抜きがあるということです。

例えば見たい映画を見に行くとかは良い息抜きですよね。

映画1本なら休日の午前中だけで終わりますし、1回見てしまえばそれで完結します。

良くない息抜きは「ソシャゲにハマってしまう」などです。

ソシャゲは

  • 常に気になる
  • 終りがない
  • ゲーム内のイベントなどで現実の時間が圧迫される

などと、1度始めると常に気になってしまい勉強に悪影響を及ぼす可能性が高いので、受験生の息抜きとしては適切でありません。

自己満足を満たすための目標を立てる

全受験生の目標は志望校の合格ですが、それ以外にも「自己満足を満たせる目標」を設定しておくことをおすすめします。

  • 数学の確立問題は何が出ても解けるくらい完璧にする
  • 英単語だけは極める
  • 次の模試で志望学科内で1位になる

何でもいいと思います。

ぶっちゃけ自分の自己満足を少しでも満たせればOKです。

ませう
ませう
受験生活は長いから、昨日よりも賢くなっていることを目に見える形にすることは結構大事だと思う。

絶対に毎日勉強する「テンプレ勉強科目」を決めておく

あんまり意識している人は多くないのですが、「判断を下す」ことは労力を必要とします。

1日に使える労力は限られているので、勉強する前にいちいち「どれを勉強しようかな。」と迷っているとそれだけで少し疲れていしまうんですね。

そのため、迷ったらとりあえずコレをやるっていうテンプレ勉強科目を設定しておくことをおすすめします!

たとえば

  • 何度やってもやり得な英単語
  • 個人的に苦手な世界史の東南アジアの部分
  • 得意で集中力を高めやすい数学の整数問題

といった風に個人に合わせたテンプレ科目を設定しておくと余計な労力を抑えることができます!

ませう
ませう
僕も迷ったときはいつも数学の参考書or英単語と決めていました!

まとめ:大学受験はモチベが大事!

いかがだったでしょうか。

大学受験は1年という長い期間の戦いなので、いかにモチベーションを保てるかが大事になります。

一夜漬けみたいに一瞬の集中力ではなく、1年間安定した集中力を保つためにも適度な休憩や目標の工夫が大事ですね!

ませう
ませう
最後まで読んでいただきありがとうございました!