雑記

【体験談】肺気胸になったらどうなる?入院期間や入院生活について。

こんにちは、ませうです。

僕は19歳の時に実際に肺気胸にかかり、入院しました。

人生初の入院で、いろいろ分からないことづくしで怖かったのを覚えています。

そこで、今回の記事では、その体験を元に、「肺気胸になった場合の症状や入院期間」について書きたいと思います。

肺気胸になった日の症状

肺気胸にかかったのは受験生の時で、その日もいつも通り、夜に電車で家に帰りました。

家に着くまでは何事もなかったのですが、家について夕食を食べているときに、急に胸の中に骨が刺さったような痛みを感じました。

背筋を伸ばしたり、息を吸うと痛かったです。

その日はそのまま寝ましたが、翌朝もまだ痛かったので病院に行ったところ、「肺気胸」と診断されました。

病院に行ったら即入院だった

肺気胸になったら「入院が必要な場合」「自宅で経過観察の場合」があるんですが、僕の場合は即入院でした。

幸いなことに生まれて19年間入院とは無縁だったので、かなり衝撃でした。

ませう
ませう
入院、、、マジか。

受験生だったので、勉強道具だけ取りに帰って速攻入院です。

こんなにあっけなく入院生活って始まるんだってびっくりしました。

入院中の出来事

ませう
ませう
最終的に入院期間は8日間だったよ。

入院してすぐ脇の下に穴が開いた

肺気胸は肺の空気が胸腔に漏れ出すことで起きる病気です。

なので、治すためには、胸腔からその空気を抜く必要があります。

そこで行われる処置が、「胸腔ドレナージ」です。

簡単に言うと、脇の下あたりに穴を開けて、管(チューブ)を入れて空気を抜く治療法です。

入院が決まってすぐに、部分麻酔でチューブを入れてもらいました。

意識ある状態で体に穴を開けられるのですが、これがかなり怖かったです。

ませう
ませう
「あ、今貫通したわ。」ってハッキリわかります!

この日から3、4日ほど経過観察です。空気が抜ければそれで良し、抜けなければ手術です。毎日レントゲンでチェックします

入院初日の夜中に嘔吐した

その日の麻酔が原因で嘔吐しました。

チューブを通すために部分麻酔をしたことが原因だと思います。

調べてみると、全身麻酔をする前は飲食制限で吐き気対策をするのが普通のようです。

部分麻酔でも、普通に吐いちゃいました。

入院中に困ったこと

入院中に困ったことは、

  • 咳・くしゃみが痛すぎる!!
  • 左半身を下にして寝れない。
  • 風呂入れない。

この3つです。

まず1つ目に、咳とくしゃみが痛いです。入院中ずっと痛みました。痛いけど、、防ぎようがないので諦めるしかなかったです、、、(´;ω;`)

2つ目の左半身を下にして寝れないっていうのは、僕の場合、左脇にチューブを通していたからです。普段から横を向いて寝ている身としては非常に寝づらかったです。

3つ目に、お風呂に入れませんでした。3日に一度くらい頭だけは洗えましたが、一週間ずっとシャワーを浴びれないのは地味にキツかったです。

手術を受けることに

結局「胸腔ドレナージ」では空気が抜けなかったので、手術を受けることになりました。

ませう
ませう
人生初の手術、、、

手術日は3日前に決定しました。全身麻酔なので、前日あたりから飲食制限です。当日はOS1ドリンクとかも飲みました。

構えていましたが、手術自体はあっさり終わりました。しんどいのはここからで、麻酔から体力が戻るのにちょっと時間がかかりました。

手術後は2日くらい経過観察です。無事に空気が抜けたことが確認でき、退院することができました!

退院後の生活、手術痕は残る??

肺気胸はそんなの重い病気でもないので、退院後すぐに入院前と変わらない状態になりました。

調べたところ、僕が受けた胸腔鏡下の手術の場合、再発率は5~10%とのことですが、発症から2年半たった今のところ、幸い再発はしていません。

もう入院はしたくないなぁ、と思うので、健康には気を付けていきたいと思います!

手術痕は残りました!僕の受けた胸腔鏡下の手術の場合ですが、1~2cm2くらいの大きさのあざが残りました。服の上からでは見えない位置ですが、、、。

ませう
ませう
皆さんもお体には気をつけて。